「デュアルスタンバイ」とは?同時待受について解説


 
スポンサーリンク

スマホ業界で最近よく聞く、
「デュアルスタンバイ」という言葉。
 

実は、このデュアルスタンバイに対応しているといっても
いくつか種類があるのはご存知ですか?
 

今回は、「デュアルスタンバイ」について
詳しく解説していきます。
 

では、早速いってみましょう。

 

「デュアルスタンバイ」とは?

まず、「スタンバイ(standby)」とは“待ち受け”の事です。

つまり、「デュアルスタンバイ」とは
2重の”待ち受け”が可能という意味です。
 

1台の携帯電話やスマホで2つの通信方式、
あるいは異なる携帯電話会社のサービスを利用できる事を指す。

簡単に言うと、1台のスマホに通話SIMを2枚挿し、
どちらのSIMも有効にする事が可能で同時待受ができます。
 

それで、ここからが重要なのですが
この「デュアルスタンバイ」には、下記の2種類があるのです。

・DSDS
・DSDA

 


スポンサーリンク


 

DSDS

Dual SIM – Dual Standbyの略。

2枚のSIMカードで契約した通信サービスを、
同時に待受できます。
 

しかし、通信用の回路自体はひとつしか搭載されず、
SIMスロット1、SIMスロット2で回路を共有しています。

その為、厳密には”同時待受”はできませんが、
SIMスロット1、SIMスロット2を高速に切り替える事により、
疑似的に“同時待受”を実現しています。
 

“同時待受”状態から、着信すると
アクティブでないSIMスロットの方は遮断停止します。

DSDSは、同時利用ができるわけではないので注意。
 

DSDA

Dual SIM – Dual Activeの略。

2枚のSIMカードで契約した通信サービスを
同時に通話やデータ通信で使用できます。
 

これは、通信用の回路自体を2重に搭載する事で
“同時待受”のみならず、“通話”“データ通信”
同時利用に対応しています。
 

DSDAのほうが、明らかに万能で何でもできますが、
弱点として、通信用の回路を2つ同時に運用する事になり
どうしても、バッテリー消費が大きくなります。
 

デュアルスタンバイ対応端末

「デュアルスタンバイ」に対応する端末は、
現在のところ、Moto G4 Plusのみです。

仕組みとしては、DSDSなので“同時待受”のみ可能ですが
“同時利用”はできません。

需要の多い、「デュアルスタンバイ」なので
Moto G4 Plusの評判はとても良いです。
 

売れ行きも好調らしいので、
ベストセラーになるかもしれませんね。

 

(追記)
その後、ZTEからもDSDS対応スマホが発売されました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
 

「デュアルスタンバイ」について詳しく解説しました。
 

現状、対応機種がほとんどありませんが
今後、間違いなく対応機種が増えていきます。

バッテリー消費を優先するなら、DSDS対応端末あたりが
バランス的にはベストではないかと思います。
 

本当に、いろんな使い方が可能ですので
ゆくゆくは、全ての端末が
「デュアルスタンバイ」対応になる可能性もあります。
 

近々、発売される「ZenFone 3」シリーズも
「デュアルスタンバイ」に対応すると言われています。

 

では、また。

 

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機