中国製Android端末のファームウェアに、バックドアが仕組まれていた!


 
スポンサーリンク

中国製Android端末のファームウェアに、
バックドアが仕組まれていた事が判明しました。
 

モバイルセキュリティ企業のKryptowireが、
アメリカで販売されていたAndroid端末のファームウェアに、
使用者の個人情報を許可なく中国のサーバに送信するバックドア
組み込まれていた事を発表しました。
 

これは、ただならぬ問題ですね。
 

詳細をみていきましょう。

中国製Android端末にバックドア

全ての中国製Android端末
バックドアが仕組まれているのではありません。
 

「Shanghai ADUPS Technology」が開発したファームウェアを採用した
中国製スマホにバックドアが仕組まれているそうです。

同社のファームウェアは、HuaweiZTEといったメーカーが採用し、
出荷数は7億台以上だと言われています。
 

バックドアが仕組まれている端末名は?

BLU Products製の端末「BLU R1 HD」から
最初にバックドアが発見されました。

現在は、アップデートされて
バックドアは削除されたそうです。

%e3%80%8cblu-r1-hd%e3%80%8d%e7%94%bb%e5%83%8f

それ以外の端末で、バックドアのある具体的な端末名は
現在、不明となっています。
 

なぜ、バックドアが仕組まれたのか?

「Shanghai ADUPS Technology」によれば、
これらの機能は中国市場に限って使う目的で開発されたもので
手違いで、アメリカのスマホにも搭載されてしまったそうです。
 

バックドアと呼ばれている、これらの機能はアップデートとサービスが
デバイスに対して正確に提供しているかを確認する為のものだと説明している。
 


スポンサーリンク


 

セキュリティの問題は、どの端末でもある

今回は、中国製Android端末の問題ですが
実際には、iPhoneでも脆弱性の問題などがありました。

 

Googleを始め、Microsoftなども個人情報の収集をしている時代です。

情報漏えいを完全に防ぐためには、
ネットに一切繋げないという選択肢しかありません。
 

しかし、それをやるとあまりにも不便な世の中になります。

利便性を取るか、不便を取るかという究極の選択になると思います。
 

なので、せめて絶対に漏えいしてはいけない個人情報だけは
情報を抜かれないように注意しましょう。
 

絶対に漏えいしてはいけない情報とは、例えば
クレジットカードのカード番号や暗証番号、
銀行の口座番号や暗証番号などです。

これらの扱いには十分に注意すべきで、
クラウド上に残すのは、危険なので削除しておきましょう。

 

では、また。

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機