ZenFone Go(ZB551KL) 格安スマホ入門機!ZenFone 2 laser比較


 
スポンサーリンク

ZenFone Go(ZB551KL)がASUSから
3月下旬に発売されます。

ZenFone Max(ZC550KL)を発表したばかりですが
新たに端末を発表するという事は
本格的に格安SIM初心者を意識していると思います。

 

さて、どんな感じなのでしょう。

早速、みていきましょう。

 

ZenFone Go(ZB551KL) の特長

日本語入力がATOK

ATOKがプリインストールされていますので
文字入力が捗ります。
 

大容量バッテリー搭載

3010mAhのバッテリーで
1日は余裕で持ちます。
 

5.5インチなのにコンパクト

5.5インチディスプレイ搭載かつ
ディスプレイ外側にホームバタン等がある構造に関わらず
縦が151mmとコンパクトにまとまってます。
 

ZenFone Go(ZB551KL) の弱点

CPUが古い

今時、Snapdragon 400はありえません。

せめて、Snapdragon 410じゃないと。
 

スポンサーリンク

ZenFone Go(ZB551KL) のスペック

今回は、同じくASUSの端末である
ZenFone 2 laserとスペックの比較をしていきます。

最初に言っておくと、ZenFone Goのほうが
端末価格とスペックは低いです。

項目 ZenFone Go ZenFone 2 laser
寸法
[mm]
(H×W×D)
151×76.9×10.7
(最厚部)
143.7×71.5×3.5~10.5
重量 約160g 145g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー
ブラック
ホワイト
レッド
対応OS Android 5.1.1 Lolipop Android 5.0.2 Lolipop
CPU Snapdragon 400
(クアッドコア)
Snapdragon 410
(クアッドコア)
メモリ 2GB 2GB
ストレージ 16GB 16GB
バッテリー 3010mAh 2400mAh
ディスプレイ 5.5インチ IPS液晶(1280×720) 5.0インチ IPS液晶(1280×720)
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
背面1300万画素
前面500万画素
通信方式 LTE
B1(2100)/B3(1800)
/B5(850)/B6(800)
/B7(2600)/B8(900)
/B9(1700)/B18(800)
/B19(800)/B28(700)
/B38(2600)
 
W-CDMA
B1(2100)/B2(1900)
/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
LTE
B1(2100)/B3(1800)
/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B9(1700)
/B18(800)/B19(800)
/B28(700)
 
W-CDMA
B1(2100)/B2(1900)
/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
無線LAN Wi-Fi 802.11 b/g/n Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
SIMスロット microSIM x2 microSIM x2
SDカード microSDXC(最大64GB) microSDXC(最大128GB)

やはり、1番の違いはCPUですね。
今更、Snapdragon 400はないでしょう。
 

あと、サイズはZenFone Goが5.5インチで
ZenFone 2 laserが5.0インチで違いますね。

ZenFone Goは、5.5インチの割に
縦が短くコンパクトにまとまってるので
そこは非常に評価できますよ。
 

私的には、どちらを買うのが良いかと聞かれたら、
やはり、ZenFone 2 laserという事になります。

ZenFone 2 laserの詳細はこちら
ZenFone 2 Laser なかなかスグレモノ

 

ZenFone Goの価格

19,800円(税抜)

うん、安い!
格安SIM初心者には良い端末かも。


  

ZenFone Goにおすすめの格安SIM

スマホの値段が格安ですから、キャリアに
高い月額料金を支払うのは辞めませんか?
 

それは、単なるお金の浪費です。
 

情報弱者から、いかにお金を絞りとるか以外
考えてない3大キャリアから卒業しましょう。
 

今では電話番号もそのままで、格安SIMにMNPが可能です。

格安SIMの詳細はこちら
初めての格安SIM!超初心者向け講座

 

そして、最もオススメできる格安SIMが
OCN モバイル ONEになります。

なんと、格安SIMでは珍しい
通話定額OCN モバイル ONEにはあるんです。
 

しかも、通話だけでなく
データ通信も得意な会社なので
非常に優れた格安SIMだと思います。

OCN モバイル ONEの詳細はこちら
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能

 

よ~く考えて
3大キャリアからのMNPを検討してみて下さい。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ZenFone Goは入門用に、検討しても良いかもしれませんが
長い目でみた場合、CPUが古いので処理能力的な
限界がくる可能性があるので、別の端末にしたほうが良いと思う。
 

やはり、2万円程度の端末はどこか足りない部分があります。

もう1万円足して、まともな端末を考えたほうが良いと思います。

3万円ぐらいのおすすめ端末
SIMフリースマホのミドルスペック端末比較

 

(追記)ZenFone Goau VoLTEに対応しました。

 

ZenFone Goを購入できるau VoLTEに対応するMVNO
mineo 【au網とドコモ網に対応するMVNO】

 

ZenFone Go本体価格:19,800円
 

家族割引パケットシェアがある
通話とデータ通信の両方が得意な万能SIM
 

・Aプラン(デュアルタイプ)
データ容量は、0.5GB~10GBで選ぶ事ができる。
月額基本料 1,310円~3,130円

・Dプラン(デュアルタイプ)
データ容量は、0.5GB~10GBで選ぶ事ができる。
月額基本料 1,400円~3,220円

UQ mobile 【au系MVNOのパイオニア】
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル
 

ZenFone Go本体価格:19,800円
 

データ無制限プランを契約できるおすすめの会社
 

・データ+音声通話プラン
データ容量は、3GBと無制限の2つから選ぶ事ができる。
月額基本料 1,680円~2,680円

 

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機