SAMURAI KIWAMI(FTJ152D) 数量限定販売なので、予約が必須!


 
スポンサーリンク

FREETELLのSAMURAI KIWAMI(極)が発表されましたね。
 

6.0インチWQHD解像度の高精細ディスプレイ、
オクタコアCPU、2100万画素背面カメラ、
指紋認証に対応するなど高性能の極みといえるスペック。
 

そして、その価格が39,800円(税別)というのですから、
注目が集まらないわけがないですよね。
 

数に限りのある限定生産モデルとして、11月16日に事前予約を開始。
発売は11月20日。

SAMURAI KIWAMI(FTJ152D) のスペック

では、スペックをみていきましょう。

項目 SAMURAI KIWAMI
サイズ(H×W×D) 159.5×82.6×8.9 mm
重量 182g
カラー ブラック、ホワイト、
和柄(LIMITED EDITION)
対応OS Android 5.1
ディスプレイ
(サイズ/解像度)
6.0インチ 2560×1440(WQHD)
CPU MediaTek Helio X10 8コア 2.0GHz
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー 3400mAh
カメラ メイン:2100万画素
サブ:800万画素
ネットワーク(周波数帯) 2G:GSM 850/900/1800/1900MHz
3G:UMTS B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B7/B8/B19
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetooth Version:4.1 LE対応
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
センサー GPS搭載(A-GPS対応/GLONASS対応)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass
Gyroscope
NFC
指紋認証
その他 外部メディア規格:microSD、microSDXC
外部メディア最大容量:128GB

SIMスロット数:2
タイプ micro/nano


スポンサーリンク

LIMITED EDITIONもあります。

漆と本物の金をあしらったリミテッド・エディションも用意。

金箔が貼ってあるだけでなく、金が浮き立つ意匠。
日本の伝統美を表現したとしています。

受注生産の限定版なのでコレクターの方は予約必須です。
本体価格は59,800円(税別)

フリーテル公式サイト

まとめ

いかかだったでしょうか?
 

まだ、発売前なので詳細はわかりませんが
スペックだけをみれば、紛れも無くモンスターですね。

そして、39,800円(税別)という激安価格となれば
欲しくなるのは当然です(笑)

問題は、SAMURAI MIYABIで
いくつかのゲームで不具合が報告されており、
CPUが同じMediaTek製というのが気になるところです。

エントリーモデル SAMURAI MIYABIの詳細はこちら
SAMURAI MIYABI(FTJ152C) 噂の激安2万円スマホ

 

この辺を解決しているのか?
しばらく様子をみてから購入がベストだと思いますが
数量限定販売なので、下手すると購入すらできなくなる可能性もある。

ちょっと悩ましいところではありますね?。
 

では、また。

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機