HTC Desire EYEのレビュー!防水端末でスペック比較

HTC Desire EYEのレビュー!防水端末でスペック比較
Sponsored link

HTCのSIMフリー端末
HTC Desire EYEのレビューをしたいと思います。
 

高性能で防水・防塵端末という事で
ニーズが十分あるスマホでしょう。

期待通りの感じなんでしょうか。
 

では、早速みていきましょう。

HTC Desire EYE スマートフォン

HTC Desire EYEのスペック

今回は、価格帯は違いますが
同じ防水・防塵端末である
arrows M02と比較してみます。

 

項目 HTC Desire EYE arrows M02
寸法
[mm]
(H×W×D)
約151.7×73.8×8.5 約141×68.9×8.9
重量 約154g 約149g
カラー スカーレット
マリーン
Black
White
Pink
搭載OS Android 5.1 Lolipop Android 5.1 Lolipop
CPU Snapdragon 800
MSM8974
2.3GHz(クアッドコア)
Snapdragon 410
MSM8916
1.2GHz(クアッドコア)
メモリ 2GB 2GB
ストレージ 16GB 16GB
バッテリー 2400mAh 2330mAh
ディスプレイ 5.2インチ
Super LCD3
(1920×1080)
5.0インチ
有機EL
(1280×720)
カメラ 背面1300万画素
前面1300万画素
背面810万画素
前面240万画素
通信方式 LTE
B1(2100)/B3(1800)
/B7(2600)/B8(900)
/B19(800)/B28(700)
/B38(1900)/B39(2300)
/B40(2600)/B41(2500)
 
W-CDMA
B1(2100)/B2(1900)
/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
LTE
B1(2100)/B3(1700)
/B8(900)/B19(800)
/B26(800)
 
W-CDMA
B1(2100)/B8(900)
/B6(800)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz & 5GHz)
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
SIMスロット nanoSIMx1 nanoSIMx1
SDカード microSDXC(最大2TB) microSDHC(最大32GB)
防水/防塵 IPX7・IP5X IPX5/8・IP6X
Sponsored link

HTC Desire EYEの特長

防水・防塵

国内メーカーでない端末でありながら
防水と防塵に対応しています。

しかも、キャップレス防水です。
 

ナビゲーションバーの配置変更が可能

戻る・ホーム・タスクのボタン配置を変更できます。

戻るボタンを右側に配置できますので
非常に使い勝手が上がります。
 

前面配置のステレオスピーカー

前面にスピーカーがあるので
音がこもったりしません。

高音質のステレオスピーカーを堪能できます。
 

HTC Desire EYEの弱点

アンテナピクトが立たない

データSIMを使うと、アンテナピクトが立ちません。

音声SIMやSMS付きデータSIMなら、問題ないようです。
 

モバイルデータ通信にバグあり?

再起動後にモバイルデータ通信ができなくなったり、
APNまわりに問題があるようです。

モバイルデータ通信のオン・オフを
何度も繰り返して、辛うじて繋がるみたいです。
 

内蔵ストレージ容量が少ない

ストレージ容量が、16GBしかありません。

低価格帯のスマホなら、それでも構いませんが
高額商品ですから、最低でも32GBは欲しかったです。
 

バッテリー容量が少なめ

高性能なCPUとフルHDのディスプレイを
搭載しているのにも関わらず、
バッテリー容量は、2400mAhしかありません。

ちょっと少ないと思います。
 

ボディサイズが大きい

5.2インチ端末としては、サイズが大きいです。

特に、縦方向に長すぎると思います。
 

SIMフリーなので、格安SIMも使える。

HTC Desire EYEは、SIMフリー端末です。

キャリアのSIMも使えますが、せっかくのSIMフリー機なんですから
格安SIMを使いましょう。

ドコモなどの高いキャリアで契約しなくても
格安SIMを挿せば、ドコモ料金の3分の1ぐらいの料金になる。
 

そんな格安SIMの中で、おすすめを挙げます。

.

通話をたくさんする方ならOCN モバイル ONEで決まりです。

お得な音声定額オプションがあるので
通話メインの方には、有力な選択肢の内のひとつになります。

OCN モバイル ONEの詳細はこちら
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
.

データ通信をメインに行なうなら
mineoDプランをおすすめします。

低速通信時は容量制限がありません。

そして、高速通信では月間容量の制限のみで3日間制限もなし。

データ通信に適した格安SIMです。

 

また、mineoでは「通話定額30」と「通話定額60」という
通話定額パックも登場してます。

 

つまり、どんなニーズにも答えられる体制が整ってきています。
かなり万能な格安SIMと言えます。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のHTC Desire EYEですが
結論を言うと、買わないほうが良いと思います。
 

モバイルデータ通信まわりに安定性がなさそうです。
通信は、一番重要な部分ですからね。

これは、よっぽどHTCに思い入れがないと
キツイのではないでしょうか?

 

とりあえず、他の端末なら
このあたりのスマホを推奨しときます↓

 

特に、メインで使う端末なら
安定性というのは必須ですよ。

不安定な端末だと、ちょっと使いたくないです。
 

では、また。

Sponsored link

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機