「Moto Z」と「Moto Z Play」の価格やスペックが判明したので比較

%e3%80%8cmoto-z%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%80%8cmoto-z-play%e3%80%8d%e3%81%ae%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%82%84%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e5%88%a4%e6%98%8e%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%a7
Sponsored link

Motorola製SIMフリースマートフォン
「Moto Z」「Moto Z Play」が日本市場で販売します。
 

価格や詳しいスペックが判明したので
両機種で比較してみたいと思います。

「Moto Z」と「Moto Z Play」のスペック比較

%e3%80%8cmoto-z%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%80%8cmoto-z-play%e3%80%8d

項目 Moto Z Moto Z Play
寸法
[mm]
(H×W×D)
約153.3×75.3×5.19 約156.4×76.4×6.99
重量 約136g 約165g
カラー ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
対応OS Android 6.0.1 Marshmallow Android 6.0.1 Marshmallow
CPU Snapdragon 820
MSM8996 Lite
1.8GHzX2+1.36GHzX2
(クアッドコア)
Snapdragon 625
MSM8953
2.0GHz
(オクタコア)
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
バッテリー 2600mAh 3510mAh
ディスプレイ 5.5インチ 有機EL(2560×1440) 5.5インチ 有機EL(1920×1080)
カメラ 背面1300万画素
前面500万画素
背面1600万画素
前面500万画素
通信方式 FDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12
/17/19/20/25/28

TD-LTE
B38/40/41

W-CDMA:
B1/2/4/5/8/19(6)

GSM:
850/900/1800/1900MHz

FDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8
/12/17/19/20/28

TD-LTE
B38/40/41

W-CDMA:
B1/2/4/5/8/19(6)

GSM:
850/900/1800/1900MHz

無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0
SIMスロット nanoSIMとnanoSIM/microSD nanoSIM x2
SDカード microSDXC(最大2TB) microSDXC(最大2TB)
デュアル
スタンバイ
DSDS対応 DSDS対応
指紋認証 あり あり
USBポート Type-C Type-C
急速充電
TurboPower
対応 対応
電子コンパス あり あり
ジャイロ
センサー
あり あり
3.5mmヘッドフォン端子 なし あり
価格 85,800円(税別) 53,800円(税別)

 

「Moto Z」と「Moto Z Play」の販売開始日

2016年9月27日より予約を開始して、
10月中旬から出荷を開始する。
 

Sponsored link


 

「Moto Mods」シリーズ

「Moto Z」「Moto Z Play」には、
背面にマグネットで装着できる「Moto Mods」シリーズが
用意されています。

%e3%80%8cmoto-mods%e3%80%8d%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e7%94%bb%e5%83%8f

Moto Mods カラー 価格(税抜)
スタイルキャップ
(バリスティックナイロン)
Red/Black 1,980円
スタイルキャップ
(オーク)
Washed/Silver/Chacoal 2,980円
スタイルキャップ
(レザー))
Black 3,480円
プロジェクター Mods Black 33,800円
ハッセルブラッド
TRUEZOOM
Black 28,800円
コンサート Mods Black/White 11,800円
Incipio offGRID
パワーパック
(ワイヤレスチャージ)
Black/White 10,800円
Incipio offGRID
パワーパック
Black/White 8,800円

 

まとめ

いかがだったでしょうか?


 

「Moto Z」「Moto Z Play」両機種とも
デュアルスタンバイに対応しています。

 

この分野に最近、モトローラは力を入れています。
 

しかし、端末価格が高いですね。

「Moto Z」の本体価格85,800円なんてのは
「iPhone 7」が買える値段ですからね。

 

値段的にも、私は「Moto Z Play」のほうを推奨します。

では、また。

Sponsored link

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機