「AQUOS mini SH-M03」 小型で高性能!スペック比較と価格


 
スポンサーリンク

4.7インチの高性能な小型SIMフリー端末、
「AQUOS mini SH-M03」がシャープより発表された。
 

高性能なら大画面が当たり前で、
大型化の一途を辿ってきたスマホ業界。

市場に変化の兆しが見えたのは、iPhone SE
2016年3月31日に発売されたあたりでしょうか?

 

最小サイズでも、5インチというのが長く続きましたが
ようやく、4.7インチのスマホ「AQUOS mini SH-M03」が登場。
 

しかも、見た目は小ぶりながら
性能では、大画面モデルに引けをとらないスペックです。
 

スマホライフも大注目の端末です。

では、詳細をみていきましょう。
 

AQUOS mini SH M03

「AQUOS mini SH-M03」のスペック

今回は、「arrows M03」と比較してみます。

 

国内メーカー富士通の防水・防塵スマホなので
同じカテゴリーに属するSIMフリー端末です。

どのくらい性能差があるのかも、注目してみて下さい。

項目 AQUOS mini SH-M03 arrows M03
寸法
[mm]
(H×W×D)
約126×66×8.9 約144×72×7.8
重量 約120g 約141g
カラー White
Red
Black
White
Pink
Champagne Gold
Green
搭載OS Android 6.0 Marshmallow Android 6.0 Marshmallow
CPU Snapdragon 808
MSM8992
ヘキサコア
(1.8GHzX2+1.4GHzX4)
Snapdragon 410
MSM8916
クアッドコア
1.2GHz
メモリ 3GB 2GB
ストレージ 16GB 16GB
バッテリー 2810mAh 2580mAh
ディスプレイ 4.7インチ
IGZO液晶
(1920×1080)
5.0インチ
IPS液晶
(1280×720)
カメラ 背面1310万画素
前面500万画素
背面1310万画素
前面500万画素
通信方式 LTE
B1(2100)/B3(1700)
/B19(800)
 
W-CDMA
B1(2100)/B5(850)
/B6(800)/B19(800)
 
LTE
B1(2100)/B3(1700)
/B8(900)/B19(800)
/B26(800)
 
/B26(800)
 
W-CDMA
B1(2100)/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
VoLTE通話 対応 対応
無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
SIMスロット nanoSIMx1 nanoSIMx1
SDカード microSDXC(最大200GB) microSDXC(最大200GB)
防水・防塵 IPX5/8・IP6X IPX5/8・IP6X
ワンセグ あり あり
赤外線 なし なし
おサイフ
ケータイ
対応 対応
指紋認証 非搭載 非搭載
ジャイロ
センサー
搭載 搭載

 

「AQUOS mini SH-M03」のスペックで気になるのは、
ストレージ容量が16GBしかないところ。

これが32GBあれば、ほとんど欠点のない端末になりますね。
 

「arrows M03」ですが、同時期に発売される
「AQUOS mini SH-M03」に完全敗北の状態です(笑)

全く勝負になってないです。

シャープと富士通で、技術力の差がそんなにあるのかな?
 

「arrows M03」の勝るところと言えば、
マルチキャリアに対応しているところですね。
「AQUOS mini SH-M03」はドコモ網のみしか対応してない。
 


スポンサーリンク


 

「AQUOS mini SH-M03」の特長

ハイスピードIGZO

従来の60Hz駆動の液晶と比べて
2倍の倍速120Hz駆動で表示します。

残像を抑えたなめらかな描画を実現しました。
 

液晶アイドリングストップ

1Hz~120Hzまで、アプリやコンテンツに
応じた表示制御で、電池の消費を抑える事ができます。
 

光学式手ブレ補正を搭載

レンズ位置を動かして手ブレを抑える
光学式手ブレ補正を搭載しました。

うす暗い室内など、手ブレしやすい状況でも
綺麗にクリアな写真が撮れます。
 

人口AIのエモパー

周囲の変化を察知してお話ししてきます。

まるで意思があるかのような表現ができるようになりました。
 

ポケモンGOのARモードに対応

ジャイロセンサー搭載で、
大人気アプリのポケモンGOにも対応しています。

ポケモンGOのAR(拡張現実)モードを楽しめます。

 

防水・防塵対応

防水(IPX5/8)と防塵(IP6X)に対応しているので
アウトドアシーンなどでも快適に使えます。
 

「AQUOS mini SH-M03」の価格

2016年7月下旬に発売となっています。

端末価格:53,784円(税込)

.

現在、楽天モバイルでは期間限定キャンペーン実施中!
 

SIMと端末同時購入で「AQUOS mini SH-M03」
端末価格:48,384円(税込)

約5,000円ほど、お得に購入できます。


楽天モバイルなら、5分かけ放題オプションによる
通話定額があります。

通話品質にも全く問題はありません。

この機会にぜひ、楽天モバイル格安SIMにしてみませんか?

 

AQUOS mini SH-M03に最適な格安SIM

格安SIMを使えば、
ドコモ料金の3分の1ぐらいの月額で収まります。
 

格安SIMの中で、おすすめを挙げていきます。

.

ズバリ、通話する方ならOCN モバイル ONEです。

音声定額オプションがあり、
音声定額の月額料金は、キャリアの半額以下です。

いろんな人に電話する方に向いてると思います。

OCN モバイル ONEの詳細はこちら
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
.

データ通信を主に使うなら
mineoDプランがおすすめできる。

低速通信においては、制限が何もありません。

高速通信では、月間容量の制限があるだけなので
万能に何でもこなせるMVNOです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
 

「AQUOS mini SH-M03」は、ここ最近に発売された
国内メーカーのSIMフリー端末では、性能がずば抜けて高い。
 

それもそのはずで、
なんと、Nexus 5Xと同じCPUを搭載しているのです。

 

素のAndroidである、Nexus 5Xよりも
レスポンスは遅くなるとは思いますが、
十分な反応をみせてくれるはずです。
 

国内メーカーのSIMフリー端末で、
高性能なスマホを探していた方には、
これ以上ない、まさに打って付けの端末です。
 

あるいは、iPhone SEのような小型端末に興味がある方にも
十分に推奨できるでしょう。

 

ぜひ、この高性能な小型端末
「AQUOS mini SH-M03」を検討してみて下さい。

 

では、また。

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機