Blade V6が19,800円に値下げ!ZenFone Goとの比較

Blade V6が19,800円に値下げ!ZenFone Goとの比較
Sponsored link

Blade V6が本日より、19,800円に値下げしました。

2015年12月3日の発売時には、26,800円でしたから
7,000円の値下げとなります。
 

SIMフリー市場でトップ3に入るようにすると
意気込むZTEが本腰を入れてきたという感じでしょうか?
 

この前のASUS端末、ZenFone Goに続いての格安スマホ。

 

今までが3万円台で各社がバトルを繰り広げていたのが
とうとう、2万円台に降りてきたのかな?

この端末、どんな感じなのかみていきましょう。
 

Blade V6の特長

ZTE Blade V6 1
 

バンパーは金属製

高品質6013アルミ合金を使用し、高級感が違います。
 

コンパクトボディ

本体厚みが約6.8mmで、122gと超軽量ボディ。
 

ディスプレイを最大限広く使える

画面外にホームバタンが配置されているので
画面を広く有効利用できます。
 

戻るボタンの配置変更可能

設定で戻るボタンとタスクボタンの配置を
入れ替える事ができます。

右利きの人は、戻るボタンが押しやすくなります。
 

Blade V6の弱点

バッテリー容量が少ない

2200mAhしかないので、それほどは電池が持たない。
 

SIMスロットが片方はGSM専用

片方のSIMスロットがGSM専用で
3GやLTEに対応してないので日本では
シングルSIMスロットなのと同じでしかない。
 

Sponsored link

Blade V6のスペック

今回はBlade V6と同じ価格である
19,800円端末、ZenFone Goを比較対象にチョイスしました。

項目 Blade V6 ZenFone Go
寸法
[mm]
(H×W×D)
142×69.5×6.8 151×76.9×10.7
重量 約122g 約160g
カラー シルバー
グレー
ブラック
ホワイト
ブルー
対応OS Android 5.0 Lolipop Android 5.1.1 Lolipop
CPU MT6735 1.3GHz
(クアッドコア)
Snapdragon 400 1.4GHz
(クアッドコア)
メモリ 2GB 2GB
ストレージ 16GB 16GB
バッテリー 2200mAh 3010mAh
ディスプレイ 5.0インチ IPS液晶(1280×720) 5.5インチ IPS液晶(1280×720)
カメラ 背面1300万画素
前面500万画素
背面800万画素
前面500万画素
通信方式 LTE
B1(2100)/B3(1800)
/B8(900)/B19(800)
 
W-CDMA
B1(2100)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
LTE
B1(2100)/B3(1800)
/B5(850)/B6(800)
/B7(2600)/B8(900)
/B9(1700)/B18(800)
/B19(800)/B28(700)
/B38(2600)
 
W-CDMA
B1(2100)/B2(1900)
/B5(850)/B6(800)
/B8(900)/B19(800)
 
GSM
850/900/1800/1900
無線LAN Wi-Fi 802.11 b/g/n Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
SIMスロット microSIM x1
nanoSIM x1(GSM専用)
microSIM x2
SDカード microSDHC(最大32GB)
(nanoSIMと排他利用)
microSDXC(最大64GB)
ジャイロ
センサー
なし なし

 

サイズが全然違うので比較は難しいけど
端末の値段は同価格帯です。

CPUの比較をすると、
MT6735のほうがSnapdragon 400よりも上です。

従って、
Blade V6は、ZenFone Goよりも高スペックになります。
 

MT6735はSnapdragon 410よりも高スペックなので
ZenFone 2 Laserよりもスペックは上ですね。

カメラ性能も、Blade V6が良いです。

SIMスロットは、デュアルSIMでLTEに対応している
ZenFone Goのほうが圧倒的に便利と思います。
 

Blade V6におすすめの格安SIM

この端末の価格が安いわけですから、キャリアに対し
バカみたいに高い月額料金を払うのは辞めませんか?
 

お金の無駄ですよ。
 

3大キャリアのような情報弱者から
お金を絞りとる事しか考えてない企業から脱出しましょう。
 

電話番号もそのままで、格安SIMに移る事ができます。

格安SIMの詳細はこちら
初めての格安SIM!超初心者向け講座

 

その中でも、最もオススメできる格安SIMは
OCN モバイル ONEです。

ドコモで言う所のカケホーダイ・ライトに相当する
通話定額OCN モバイル ONEにはあります。
 

通話SIMにおいて、現時点で最強と言っても過言ではない
格安SIM(MVNO)になります。

また、通話だけでなくデータ通信にも強く
優秀な格安SIMと言えます。
 

ぜひ、3大キャリアからのMNPを検討してみて下さい。

OCN モバイル ONEの詳細はこちら
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、Blade V6の大幅値下げとスペック等を
みていきました。
 

これで、19,800円なら十分に買いです。

ZenFone GoどころかZenFone 2 Laserでさえ
凌駕する性能を持ってるBlade V6
いろんな人に推奨できる入門機だと思います。

ZenFone 2 Laserのレビューはこちら
ZenFone 2 Laser なかなかスグレモノ

 

 

では、また。

Sponsored link

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機