「AXON 7」が発売!ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)とスペックを比較

%e3%80%8caxon-7%e3%80%8d%e3%81%8c%e7%99%ba%e5%a3%b2%ef%bc%81zenfone-3-deluxezs570kl%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e6%af%94%e8%bc%83
Sponsored link

「AXON 7」ZTEより発売されます。

この端末、日本での発売は確実視されていたので
本当に待ちわびたユーザーもいると思います。
 

ちなみに、グローバルでは2016年9月7日に発売されていました。

待ちきれずに、海外版に手を出した方もいたようです(笑)
 

さて、この端末は私も相当注目していました。

詳しくは後程書く予定ですが、
ハイスペックなのはもちろんの事、
本体価格も安いとの噂だったからです。
 

では、詳細をみていきましょう。

 

axon-7-%e7%94%bb%e5%83%8f

AXON 7のスペック比較

今回は、ASUSのハイスペック端末である
ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)とスペックを比較します。

項目 AXON 7 ZenFone 3 Deluxe
(ZS570KL)
寸法
[mm]
(H×W×D)
約151.7×75×7.9 約156.4×77.4×7.5
重量 約175g 約172g
カラー イオンゴールド
クオーツグレー
シルバー
ゴールド
対応OS Android 6.0 Marshmallow Android 6.0 Marshmallow
CPU Snapdragon 820
MSM8996
クアッドコア
(2.15GHz)
Snapdragon 821
MSM8996SG((001-Y8)
クアッドコア
(2.35GHz)
GPU Adreno 530 Adreno 530
メモリ 4GB 6GB
ストレージ 64GB 256GB
バッテリー 3250mAh 3000mAh
ディスプレイ 5.5インチ 有機EL(2560×1440) 5.7インチ 有機EL(1920×1080)
カメラ 背面2000万画素
前面800万画素
背面2300万画素
前面800万画素
手ぶれ補正 光学式・電子式 光学式・電子式
通信方式 FDD-LTE:
B1/3/8/19/28

TD-LTE:
B41

W-CDMA:
B1/6/8/19

GSM:
850/900/1800/1900MHz

FDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8
12/17/18/19
/20/26/28/29/30

TD-LTE:
B38/39/40/41

W-CDMA:
B1/2/4/5/6/8/19

CDMA(BC0)

TD-SCDMA
B34/39

GSM:
850/900/1800/1900MHz

au VoLTE 非対応 対応
キャリアアグリゲーション 2CA対応 3CA対応
無線LAN Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2
SIMスロット nanoSIM+nanoSIM/microSD microSIMx1+nanoSIMx1
SDカード microSDXC microSDXC(最大2TB)
USB端子 USB Type-C USB Type-C
指紋認証 あり あり
ジャイロ
センサー
あり あり
デュアル
スタンバイ
DSDS対応 DSDS対応
価格 59,800円(税別) 89,800円(税別)

 

ZenFone 3 Deluxe(ZS570KL)と比較すると、
CPUでは若干落ちますが、画面解像度では
「AXON 7」の方が優れています。
 

ストレージの容量は、microSDで補えますし
価格差の3万円を考慮するなら
「AXON 7」は、かなりのコスパを誇るスマホになりますね。
 

Sponsored link

AXON 7の特長

ハイレゾ音源に対応

ハイレゾ対応のイヤホンヘッドホンを用意すると
CDの約6.5倍の情報量を誇るハイレゾ音源を再生できます。
 

旭化成エレクトロニクスのオーディオ専用チップ

ハイエンドオーディオで使われる
旭化成エレクトロニクスのオーディオ専用チップである
D/Aコンバーター「AK4490」を搭載しています。

さらに、高音質録音用チップとして「AK4961」も搭載。
 

スマホ初!ドルビーアトモス搭載

「Dolby Atmos」は、ユーザーの周囲や頭上で動くオーディオを
ヘッドフォンや内蔵スピーカーで再現します。

動画の鑑賞において、没入感溢れる体験ができるでしょう。
 

VRプラットフォーム「Daydream」に対応

GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しています。

「Daydream」に準拠する「AXON 7」用VRゴーグルも
開発中ですが、日本市場への投入は未定となっている。
 

デュアルスタンバイに対応

デュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

4G+3Gのデュアル待受が可能です。
 

AXON 7の日本発売日

2016年10月21日(金)に発売されます。

2016年10月13日(木)より、予約開始です。
 

まとめ

「AXON 7」良いですね~。

私も普通に欲しいです。
 

特に、サウンド周りの充実がスゴイですよね。
音楽を聴いたりするには持って来いだと思います。
 

ハイスペック機にこだわりがあるユーザーに勧めるなら
今のところ、この端末が一番コスパが高くて良いと思います。

このスペックでこの値段なら、十分にありだと考える方も
多いのではないでしょうか?
 

「AXON 7」が欲しい方は、予約をしたほうが良いです。

なんか今後、人気端末になりそうな予感がします。

 

では、また。

Sponsored link

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機