ドコモオリジナルブランドのスマホ1号機「MONO MO-01J」


 
スポンサーリンク

ドコモの2016年冬モデルとして
「MONO MO-01J」が発表されました。
 

さて、この端末はドコモオリジナルブランドのスマホで
記念すべき第1号機になります。
 

auもオリジナルブランドで「Qua」シリーズ(LG製)を展開してました。

 

「MONO MO-01J」の製造元は、ZTEになります。
 

ドコモの看板を背負って出す以上は、
変なものは出せないはずです。

では、どんな端末なのか詳しく見ていきましょう。

MONO MO-01Jのスペック

%e3%80%8cmono-mo-01j%e3%80%8d%e7%94%bb%e5%83%8f

項目 MONO MO-01J
サイズ
(H×W×D)
約136×69×8.8mm
重量 約138g
カラー White
Black
対応OS Android 6.0 Marshmallow
CPU Snapdragon 617
(MSM8952)オクタコア
1.5GHzX4+1.2GHzX4
GPU Adreno 405
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
バッテリー 2440mAh
ディスプレイ 4.7インチ IPS液晶(1280×720)
カメラ 背面1330万画素
前面490万画素
通信方式 LTE
B1(2100)/B3(1700)
/B19(800)/B21(1500)

W-CDMA
B1(2100)/B6(800)/B19(800)

VoLTE 対応
無線LAN Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
SIMスロット nanoSIM x1
SDカード microSDXC(最大128GB)
USB端子 micro USB
指紋認証 なし
おサイフケータイ なし
ワンセグ なし
赤外線通信 なし
防水・防塵 IPX7・IP5X

 

一応、メインでも使えるだけの性能はありますね。
 

特筆すべきは、防水・防塵に対応しているところ。
しかも、USB端子はキャップレス防水です。

地味にストラップホールもある。
 

「応答」「発信」などを、タッチ操作なしで使える
「スグ電 」にも対応するなど
一通りのものには対応している感じです。
 


スポンサーリンク


 

MONO MO-01Jの価格

端末の価格は、約3万円

端末購入サポートの利用により、
実質負担金は一括で650円程度です。
 

MONO MO-01Jの発売日

2016年12月上旬に発売予定です。
 

まとめ

「MONO MO-01J」は、4.7インチというサイズなので、
小型端末が欲しい方には良いかもしれません。
 

指紋認証がないのは、ちょっと残念ですが
それ以外は、よくまとまっていると思います。

電池持ちも優秀で、3日間持つらしいですよ。
 

興味のある方は、参考にして下さいね。

auのオリジナルスマホの詳細はこちら
auのオリジナルブランド端末「Qua Phone PX」「Qua Tab PX」

 

では、また。

スポンサーリンク

 
 
おすすめ記事
格安SIMとは、MVNOが提供するSIMサービス
格安SIMの疑問をすべて解決!
格安SIMで携帯料金を節約しよう。ドコモと料金比較
格安SIMが安い理由!安かろう悪かろうではない
格安SIMの契約にクレジットカード不要?
スマホに謎の通話履歴で高額請求!その驚きの真相とは?
ダウンタウン松本が海外で、「SIMなしやから」何もできず!
貧乏家族がキャリア契約を続けた悲惨な結果がこれ!

おすすめの格安SIM
mineo AプランとDプランの比較!パケットシェア等が非常に豊富
DMM mobile 評判も良好!激安料金の格安SIM
OCN モバイル ONEの評判と速度!MNP即日開通も可能
UQ mobile 無制限プランもあり!速度の評判と口コミ
DTI SIMの「でんわかけ放題」と「ネット使い放題」が登場!
格安SIMの通話定額プラン最強決定戦!
格安SIMのデータ通信おすすめランキング!
通話とデータ通信が得意な格安SIMはコレだ!
家族向けの格安SIM!おすすめNo.1は?

おすすめのスマホ
「ポケモン GO」がプレイできる3万円で買えるSIMフリー端末
2万円で買える おすすめスマホランキング!
おすすめのSIMフリー機